Functional Genomics

機能ゲノム科学研究室

我々の研究室では一緒に研究をする大学院生を募集しています

大学院生は最先端の研究環境の中、経験豊富な理研の研究員や技術員のサポートを受けながら研究を行います。

What’s New

2021年7月

鈴木貴紘大学院客員准教授が参加する九州大学吉野剛史助教・林克彦教授らの共同研究グループの論文がScienceに発表されました。

2021年4月

丸山 梨乃さんが博士後期課程の学生として配属されました。

2021年3月

カルニンチ大学院客員教授が2021年3月31日をもって離職しました。今後は 理研IMS副センター長および Human technopole Genomics Research Center (Mirano, Italy)のHeadとしてご活躍されます。

2020年12月

博士後期課程土岐直子さんが博士(理学)の学位を取得しました。

2020年11月

博士後期課程土岐直子さん、高橋葉月大学院客員研究員、カルニンチ・ピエロ大学院客員教授らの共同研究グループの論文がNucleic Acids Researchに発表されました。

2020年10月

鈴木貴紘大学院客員准教授と生命医科学研究科小川教授らの共同研究グループの論文がData in Briefに発表されました。

2020年10月

博士後期課程土岐直子さん、高橋葉月大学院客員研究員、カルニンチ・ピエロ大学院客員教授らの共同研究グループの論文がFEBS Letterに発表されました。

2020年8月

鈴木貴紘大学院客員准教授と生命医科学研究科小川教授らの共同研究グループの論文がBBRCに発表されました。

2020年7月

鈴木貴紘大学院客員准教授、カルニンチ・ピエロ大学院客員教授が参画するFANTOMコンソーシアムの論文が Genome Researchに発表されました。

高橋葉月大学院客員研究員、カルニンチ・ピエロ大学院客員教授らの研究グループの論文が Nucleic Acids Researchに発表されました。

Topics一覧へ

Vision

我々の目指すもの

生物を分子レベルで知り・操作する

ヒトの300種類以上ある細胞はすべて同じ遺伝情報を持っているにも関わらず、それぞれ違った働きをしています。この機能の違いは、それぞれの細胞でどの遺伝子がどの程度働くかによって決められています。我々の研究室では、大量の遺伝子を網羅的に解析するトランスクリプトーム解析中心に、革新的な実験技術・解析技術を開発し、新たな生物現象を明らかにしてきました。これらの独自技術や独創的な発見をさらに発展させるとともに、疾患発症のメカニズムの解明や新たな治療法の開発など医療への応用を目指しています。

Enviroment

研究環境

最先端のゲノム科学

私たちの研究室は理化学研究所(理研)の客員研究室です。(生命医科学研究センター (IMS);トランスクリプトーム研究チーム(Carninci, 高橋), 細胞機能変換技術研究チーム(鈴木))。我々のグループは、理化学研究所ゲノム科学総合研究センター・遺伝子構造機能研究グループ、オミックス基盤研究領域、ライフサイエンス技術基盤研究センター・機能ゲノム解析部門の流れを汲み、20年以上世界のトランスクリプトーム研究・遺伝子発現制御研究をリードして来ました。さらに、国際コンソーシアムFANTOM(nctional ANnoTation Of Mammalian)を主催し、多くの学術的価値の高い研究成果を発表してきました。

実験とバイオインフォマティクス

研究は次世代シーケンサーを駆使したオミックス解析を基盤に、分子生物学、細胞生物学を組み合わせることで様々な生物現象を解明しています。実験には、iPS細胞やゲノム編集など最先端の技術を積極的に取り入れています。また、新たな知見を得るために、次世代シーケンサー解析技術、大型コンピューターを使いこなす生命情報解析技術、遺伝子活性を人為的に操作するエピジェネティック変更技術等の技術開発も行っています。

国際的な環境

理研の我々のグループは多くの外国人が在籍し、日常的に英語の飛び交う国際的でフレンドリーな雰囲気です。

スカラーシップ(博士後期課程対象)

Staff

Avatar

鈴木 貴紘

大学院客員准教授

エピジェネティクス, 1細胞解析, バイオインフォマティクス, 配偶子形成

Avatar

高橋 葉月

大学院客員研究員

Non-coding RNA, SINEUP

Ph.D. Students

Avatar

丸山 梨乃

博士後期課程1年

エピジェネティクス, 疾患

Avatar

四方 達也 

博士後期課程

,

Avatar

田中 優希 

博士後期課程
(ジュニアリサーチアソシエイト)

エピジェネティクス, 血液腫瘍

Avatar

甲子 佳央理

博士後期課程

RNA-クロマチン相互作用

Master’s Students(M2)

Avatar

古関 利百

博士前期課程1年

エピジェネティクス, 配偶子形成

Avatar

坂本 優太

博士前期課程1年

癌の浸潤・転移,

Avatar

柴田 啓豪  

博士前期課程2年

,

Avatar

水口 莉沙

博士前期課程1年

エピジェネティクス, 疾患

Avatar

舒 許峰

博士前期課程1年

RNA-クロマチン相互作用, epigenetics, bioinformatics

Contact

  • 045 503 9111 (ex. 8197)
  • 230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22,
  • 理化学研究所生命医科学研究センター(西研究棟4F)