生命医科学研究科生命医科学研究科
search

創薬再生科学研究室

創薬再生科学研究室

概要

私たちは、糖鎖解析、質量分析、プロテオミクス、インフォマティクス、組織器官培養等の技術を用いて、バイオ創薬、再生医療、精子形成と組織再生、病態の理解や治療法の開発、生命現象の解明につながる研究を行っています。

スタッフ

教授 川崎 ナナ(かわさき なな)  ResearchMap → 
<略歴>
北海道大学薬学研究科修士課程修了(1986年)。薬学博士。
厚生労働省国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部研究員(1986年)、
生物薬品部第一室長(1998年)、及び生物薬品部長(2010年)。
この間、ジョーンズホプキンス大学客員研究員(1996年)。2015年より現職。

<メッセージ>
抗体医薬品や再生医療製品などのバイオ製品は糖タンパク質を含んでいます。私たちは糖鎖の構造・機能解析等を通じて、バイオ創薬・再生医療に貢献します。
 准教授 川崎 博史(かわさき ひろし) ResearchMap → 
<略歴>
東京都立大学大学院理学研究科博士課程中退(1983年)。理学博士。(財) 東京都臨床医学総合研究所研究員(1984年-1998年)。バージニア大学博士研究員(1992年-1995年)。1998年、横浜市立大学木原生物学研究所助教授。2013年より現職
<メッセージ>
タンパク質の構造や分子進化の研究を通じて、創薬や再生医療の研究に貢献したいと思っています。。

研究内容

<川崎ナナグループ>

多くの糖タンパク質がバイオ医薬品、再生医療等製品、診断薬として利用されています。私たちは、抗体医薬品、iPS細胞由来細胞、患者血清などに含まれている糖タンパク質を解析するための技術を開発しています。また、それらの技術を用いて、バイオ医薬品特性解析、iPS細胞プロテオミクス、診断マーカー探索を行い、バイオ製品開発に貢献しています。これまでに糖鎖濃縮チップ(G-TIP)や、LC/MS/MSを用いた糖鎖構造解析のためのプログラムを開発しました。

<川崎博史グループ>

カルシウム結合タンパク質の構造と機能、進化に関する研究を行っています。様々な生物種のプロテオームを比較し、EF-ハンドドメインの進化とその機能的な多様性を研究しています。タンパク質の対称性に基づく構造の比較と分子動力学的解析を組み合わせて、EF-ハンドタンパク質の標的認識機構の解明を目指した研究を行っています。また、プロテオミクスのインフォマティクスとして、大量のLC-MSMSデータからより多くのタンパク質についての情報を得られる方法の検討も行っています。

主要文献(Selected Publications)

‣Takakura D, Tada M, Kawasaki N: Membrane glycoproteomics of fetal lung fibroblasts using LC/MS. Proteomics, 16, 47-59 (2016)
‣Kawasaki, H. & Kretsinger, R. H. Structural differences among subfamilies of EF-hand proteins—A view from the pseudo two-fold symmetry axis. Proteins Struct. Funct. Bioinforma. 82, 2915–2924 (2014)
‣バイオ医薬品 開発の基礎から次世代医薬品まで 西島正弘、川崎ナナ 2013年 化学同人
‣バイオ医薬品の品質管理戦略 クオリティ・バイ・デザインを取り入れた製造・品質管理 川西徹、川崎ナナ 2015年 じほう


研究部門