研究成果



■論文

  • Nagai Y, Nakao H, Kojima A, Komatsubara Y, Ohta Y, Kawasaki N, Kawasaki N, Toyoda H, Kawasaki T: Glycan Epitopes on 201B7 Human Induced Pluripotent Stem Cells using R-10G and R-17F Marker Antibodies. Biomolecules. In press
  • Nonaka M, Matsumoto S, Ma B.Y, Kido H, Kawasaki N, Kawasaki N, Kawasaki T: Glycan-dependent and -independent dual recognitions between DC-SIGN and Type II serine protease MSPL/TMPRSS13 on colorectal cancer cells. Applied Sciences, 2020.
  • Midorikawa R, Takakura D, Morise J, Wakazono Y, Kawasaki N, Oka S, Takamiya K: Monitoring the glycosylation of AMPA (α-amino-3-hydroxy-5-methyl -4-isoxazole-propionate)-type glutamate receptors using specific antibodies reveals a novel regulatory mechanism of Nglycosylation occupancy by molecular chaperones in Mice. Journal of neurochemistry, 2020.
  • Wada R, Matsui M, Kawasaki N: Influence of N-glycosylation on effector functions and thermal stability of glycoengineered IgG1 monoclonal antibody with homogeneous glycoforms. mAbs, 2019.
  • Miura Y, Hashii N, Ohta Y, Itakura Y, Tsumoto H, Suzuki J, Takakura D, Abe Y, Arai Y, Toyoda M, Kawasaki N, Hirose N, Endo T: Characteristic glycopeptides associated with extreme human longevity identified through plasma glycoproteomics. Biochimica et biophysica acta. 2018.
  • Niimi S, Hosogi J, Nishimiya K, Adachi M, Minoura K, Shimakura J, Kawasaki N, Akiko I-W, Saito T, Nakamura T, Nishidate M, Shigemizu H, Yamaguchi I, Hashimoto T, Yamamoto K, Harada H, Kadotsuji K, Sonehara K, Nomura T, Mori T: Collaborative study using common samples to evaluate the performance of anti-drug antibody assays constructed by different companies, Drug Metabolism and Pharmacokinetics.
  • Yagi H, Takakura D, Roumenina L.T, Fridman W.H, Sautès-Fridman C, Kawasaki N, Kato K: Site-specific N-glycosylation analysis of soluble Fcγ receptor IIIb in human serum, Scientific reports, 2018.



■その他

  • 川崎ナナ、石井明子: 有効性・安全性確保のためのバイオ医薬品の品質管理戦略ークオリティ・バイ・デザインを取り入れた製造・品質管理 第2版. じほう(2021).
  • 川崎ナナ:質量分析とグライコプロテオミクス.ファルマシア,2020 年 56 巻 7 号 p. 657-661 (2020)
  • 石井明子、多田稔、立松謙一郎、冨田正浩、市原隆光、山口秀人、田中貴、田中剛、原園景、木吉真人、柴田寛子、遊佐敬介、佐藤陽治、武田茂樹、伊藤孝司、川崎ナナ、瀬筒秀樹:トランスジェニックカイコを用いて製造されるバイオ医薬品の品質管理戦略構築に関する考え方.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス. 50(10),615-627(2019).
  • 川崎ナナ他: バイオ医薬品のCTD-Q作成ー妥当性の根拠とまとめ方. サイエンス&テクノロジー (2018).
  • 川崎ナナ:抗体医薬品の国際一般名(INN)命名ルールの変更、薬事ハンドブック: じほう. 34-35(2018).
  • 川崎ナナ:抗体医薬品とクオリティ・バイ・デザイン開発.J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.66 (4) 150-153(2018).
  • 太田悠葵、立松謙一郎、亀田康太郎、小泉 匠、川崎ナナ、瀬筒秀樹:遺伝子組換えカイコによる抗体医薬品の開発と課題.J. Mass Spectrom. Sco. Jpn.66(4) 163-169(2018).
  • 川崎ナナ:第1章バイオ医薬品における特異事項と同等性/同質性.「バイオ医薬品のCTD-Q作成 ―妥当性の根拠とまとめ方―」サイエンス&テクノロジー (2018)(東京).
  • 有効性・安全性確保のためのバイオ医薬品の品質管理戦略ークオリティ・バイ・デザインを取り入れた製造・品質管理:川西徹、川崎ナナ/監. じほう(2015).
  • 医薬品の名前ーステムを知ればクスリがわかる:宮田直樹/編、川崎ナナ他/著. じほう (2013).
  • バイオ医薬品ー開発の基礎から次世代医薬品まで:西島正弘、川崎ナナ/編. 化学同人 (2013).

  • 薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる、Pharm Tech Japan, 連載中
    1. 宮田直樹、中川秀彦、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(追補). Pharm Tech Japan, 36(1), 137-143 (2020).
    2. 宮田直樹、田辺光男内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第18回).アドレナリン受容体作動薬他、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (13): 2645-2652
    3. 川崎ナナ、内田恵理子、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第17回).抗体薬物複合体、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (11): 2351-2359
    4. 宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第16回).選択的メラトニン受容体他、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (10): 2015-2019
    5. 宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第15回).抗悪性腫瘍薬、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (9): 1771-1778
    6. 川崎ナナ、内田恵理子、佐藤陽治、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第14回).細胞治療、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (6): 1559-1567
    7. 宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第13回).内分泌・代謝系疾患治療薬、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (5): 1147-1156
    8. 内田恵理子、川崎ナナ、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第12回).遺伝子治療、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (4):955-964
    9. 宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第11回).高感染症薬、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (3):653-661
    10. 内田恵理子、川崎ナナ、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第10回).核酸医薬品、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (2):385-392
    11. 宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第9回).血液関連疾患治療薬、Pharm Tech Japan, 2019, 35 (1):151-159
    12. 川崎ナナ、内田恵理子、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第8回).ペプチド医薬品、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (15):3227-3235
    13. 田辺光男、川崎ナナ内田恵理子、宮田直樹、:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第7回).中枢神経薬、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (14):3031-3039
    14. 川崎ナナ、内田恵理子、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第6回).融合タンパク質、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (13):2797-2804
    15. 宮田直樹、田辺光男、内田恵理子、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第5回).抗悪性腫瘍薬 (3)、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (11):2473-2478
    16. 宮田直樹、田辺光男、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第4回).抗悪性腫瘍薬(2)、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (10):2211-2218
    17. 宮田直樹、田辺光男、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第3回).抗悪性腫瘍薬(1) チロシンキナーゼ阻害薬、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (9):1831-1840
    18. 川崎ナナ、田辺光男、宮田直樹:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第2回).抗体医薬品、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (8):1487-1493
    19. 宮田直樹、田辺光男、川崎ナナ:薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第1回)抗ウイルス薬、Pharm Tech Japan, 2018, 34 (7):1273-1278